WHISKY TASTING NIGHT

好評につき満席となりましたため、受付を終了させていただきました。

ありがとうございました。

アレクサンダーズ ステーキハウスが、初めて開催する「WHISKY TASTING NIGHT」は、

MHDシングルモルト アンバサダーのロバート・ストックウェル氏をお迎えして、

シングルモルトウイスキーの魅力を皆さまにお届けいたします。

モルトウイスキーのうち、他の蒸留所のものとブレンドせず、一つの蒸留所の

モルトウイスキーだけで造られたシングルモルトはそれぞれに豊かな個性を持っています。

その土地の水や風土、気候などが溶け込んだ蒸溜所ごとの独自の味わいが魅力と言えるでしょう。

今回のウイスキーテイスティングには、代表的なシングルモルトウイスキーの銘柄をご用意して、

シングルモルトウイスキー製法のスペシャリストから分かりやすく解説をいただきます。

ウイスキーに合わせた料理とともにお楽しみください。

■グレンモーレンジィ オリジナル

International Wines and Spirits Competition 2017で7つの金賞を獲得

1843年に設立され、蒸留、水、全てにこだわり、蒸留所の周りの土地を全て所有していることでミネラル分豊かな硬水の水源を確保し、大麦もスコットランド原産にこだわっています。「完璧すぎる」とまで評される、シングルモルト界のトップに君臨するブランド。

■アードベッグ10年

シングルモルトウイスキーのなかでも、最もスモーキーだと病みつきになるファンも多いブランドですが、200年の歴史のなかでは何度かオーナーが代わり生産停止になったことも。ブランドの歴史と個性の源といわれる製法について、どうぞ耳を傾けてください。

■タリスカー10年

海と続く深い入り江のようなハーポート湖の湖畔に位置し、海が育んだシングルモルトウイスキー。 『宝島』の著者であるロバート・ルイス・スチーブンソンにより「King of Drinks(酒の王様)」と評されたほど熱烈なファンのいる、長く愛され続けているシングルモルトです。

■ラガヴーリン16年

シングルモルトウイスキーの中でもラフロイグやアードベッグと双璧をなし、スモーキーで個性的、しかしどこかエレガントな蒸留所ラガブーリンは、シングルモルト愛好家なら誰もが知るブランド。ラベルに記された『歳月は情熱の炎を消し去り、温もりに変える』という一節を、ぜひゆっくりとご自身でお確かめください。

■スペシャルアイテム

どの銘柄のウイスキーか、ぜひご期待ください。

日時:2017年11月10日(金)18:30~

料金:8,000円


オンライン、お電話、もしくはご来店時にご予約ください。

03-6264-5151