クレジットカード現金化は安全で問題にならない範囲で行うべき行動です

インターネットなどを見ていると、クレジットカード現金化という内容を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
この言葉だけで判断をすると、お手持ちのクレジットカードをそのまま売却する行動ではと考えることも多いのでしょうが、この行為は各クレジットカード会社で禁止事項に相当するのでやってはいけない行為になります。
では、安全で問題にならないクレジットカード現金化の手法は、大きく分けて2種類の行動があり、キャッシング枠ではなくショッピング枠をフル活用する方法です。
クレジットカードは現金が無くても欲しい商品があればクレジットカード決済を行える方法になり、決済日までにお金を銀行口座に入金しておく方法で便利に使える機能がメインです。
この方法を応用したものがショッピング枠を利用したクレジットカード現金化を成功させるものになり、分かりやすい事例では高価なブランド品を購入したり、換金率の高い各種金券などを購入し、商品を入手した上で買取り専門店に売却をする方法です。
金券の場合は購入した額面に対して90%程度で買取りをする専門店が全国各地で営業をしているので、10万円分の金券を購入したという事例では、約9万円程度の現金を手に入れられることになります。
他の方法はキャッシュバック式と呼ばれる方法になり、こちらは専門に行っている会社を利用する方法です。
専門の会社で販売をしている商品があり、安い価格の商品を高額で購入することから始まり、その後は専門会社側で用意している特典としてキャッシュバックを受けることで、事実上クレジットカード現金化を行える手法です。
ただし、注意が必要になることはあり、お手持ちのクレジットカードの会社によっては換金目的の利用を禁止している場合があります。
そのため、規約を十分に読んで理解することが必要になりますが、曖昧な点も見られる会社も実在しているので、これらのクレジットカード現金化の手法はグレーゾーンに当たる可能性はあります。
異なる方向から見てみると、普通にブランド品や金券を購入してその後に不要と自己判断して買取りに出すという行動自体は違法性はあまり無いと解釈できます。

クレジットカード現金化 なごみギフト

なごみギフト
TOPへ